TopPage>バスの定期券代の節約術>埼玉県で通学定期券代を節約するなら国際興業バスのばすく~る365

埼玉県で通学定期券代を節約するなら国際興業バスのばすく~る365

学生の方は、部活などで夏休みなどの長期休暇の時でも学校に通学される場合があると思います。

通学定期券は、通勤定期券より割引されているとはいっても、かなりの金額になりますね。

埼玉県エリアの学校に通われている方は、バス通学定期券の節約術の一つとして、国際興業バスの年間バス通学定期券のばすく~る365を検討してみてはいかがですか?

国際興業バスの年間通学バス定期券の特徴

バスの定期券で長期の期間は、一般的に3か月間が多いですが、なんと埼玉県エリアで運行している国際興業バスには、3か月間を超える年間通学バス定期券が発売されていいます。
名前は、「ばすく~る365(さんろくご)」といいます。すこし条件はありますが、埼玉県で国際興業バスを利用している学生の方には、定期券代を節約するには見逃せない定期券です。


利用条件

購入する新年度に有効な通学証明書、または通学定期券発行控え欄のある学生証が必要になります。
この二つの書類は、一般的な通学定期券を購入する際に必要な書類ですね。
でもばすく~る365で注意しないといけないのは、通学証明書の有効期間が1年間(その年度の終わりの日まで)である必要があります。学校で通学証明書を発行してもらう時に注意しましょう。

ばすく~る365の割引率は、約53%

1か月間有効のバス通学定期券は、多くのバス会社では
「往復料金(片道料金×2回)×30日×0.75」で計算されます。
つまり、1か月間のバス通学定期券の割引率は、約25%です。

有効期間が3か月間となると、1か月間のバス定期券料金×0.95で計算されますので、
3か月間のバス通学定期券の割引率は、約30%になりますね。

ばすく~る365は、3か月間のバス通学定期券を4回購入する金額の約36%割引の定期券代になります。
これを割引率に換算すると、なんと約53%となります。
中学生以上の学生の方が、片道バス料金200円の場合で考えると、29,920円もバス定期券代の節約になります。
3か月間のバス通学定期券を4回購入する場合  82,080円(20,520円×4回)
ばすく~る365を購入する場合        52,000円

有効期間は、購入日から3月31日まで

ばすく~る365は、有効期間が一般のバス通学定期券と異なるので注意が必要です。
一般的なバス定期券は、購入する際に、利用開始日を購入者が決めることができますが、ばすく~る365は、購入日にかかわらず購入日から新年度の終了する3月31日までが有効期間となります。ただし、新年度開始前の4月1日以前に購入する場合は、4月1日から翌年3月31日までが有効期間となります。

つまり、9月1日にばすく~る365を購入した場合は、9月1日から翌年3月31日までが有効期間となります。この場合でも料金は、4月1日から翌年3月31日までの有効期間と同額ですので、注意が必要です。
購入する時期によっては、ばすく~る365を購入することでバス通学定期券代の節約にならない場合もありますので、7月以降にばすく~る365を購入する場合には、夏休みのバスの利用有無などを考慮して、ばすく~る365か、3か月バス通学定期券のどちらかが安くなるかよく注意確認の上購入しましょう。

新年度分の発売開始日は、3月下旬

ばすく~る365の新年度分の発売開始日は、年により変更となる場合もありますが、概ね継続購入の場合は3月18日、新規購入の場合は3月25日ころになるようです。

ばすく~る365を詳しく検討してみたい方は、国際興業バスのWebサイトで確認してみてください。


copyright©2011~2020 定期代・定期券の購入費用を上手に節約する方法 all rights reserved.

「定期代・定期券の購入費用を上手に節約する方法」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。