TopPage>車検>車検(継続検査)の受けられる場所

車検(継続検査)の受けられる場所

車を所有して、初めての車検の場合、どこで車検を受けたらいいかわからないという人もいらっしゃいますね。

車検って車のディーラーか整備工場だけと思われているかもしれませんが、他にも車検を依頼できるところがあります。





車検の受ける方法

車検(継続検査)を受けようとする方法は、大きく二つの方法に分けることができます。

業者に依頼する方法
自分で車検を受ける方法

業者に依頼した場合の依頼先

メーカーのカーディーラー(販売店)へ依頼する
一番利用者が多いのがこのカーディーラー車検ですね。新車で車を購入した人の場合は、多くはカーディーラーに車検を依頼する傾向がありますね。一般的に車メーカーの販売店ですので、その車を熟知しているという点で安心感が非常に高いですね。
自動車整備業者(整備工場)へ依頼する
少し前までは、カーディーラーについで利用者が多かったのが、この自動車整備業者(整備工場)ですね。ただ、最近では、カー用品店や、車検専門店が浸透しているのですくなくなっている傾向がありますね。広告などを出しているところも少ないですし、見た目が整備工場といった業者が多いので、なかなか利用しづらいということもありますね。
車検専門店へ依頼する
ここ数年で数多くなってきたのが、この車検専門店ですね。大きな通り沿いに店舗を構えており、車検専門店だけに、価格や整備項目が分かりやすいように、店舗内に掲示されているのが特徴ですね。
カー用品店へ依頼する
車検専門店と同様に、オートバックやイエローハットなどのカー用品販売店が、最近では、車検部門を作り、テレビコマーシャルなどでも大々的に宣伝しているので、車検の利用者が増えていますね。
ガソリンスタンドへ依頼する
自動車整備業者と同様に、以前よりあった車検の依頼先ですね。セルフスタンドでも横に整備場を備えてつけており、ガソリンを給油するとスタッフから車検の案内を受けますね。
車検代行業者へ依頼する
車検代行業者は、車検を依頼する先ではありますが、どちらかというと、自分で車検を行うユーザー車検の分類に入りますね。車検代行業者によりますが、基本は、ユーザー車検と同様に、代行業者が、必要最低限の点検を行って、所有者に代わって代行業者が、車検場に車を持ち込み車検の保安基準の検査を受ける形になります。

自分で車検を受ける方法

ユーザー車検を行う
車の所有者が自ら、車検に必要な点検整備を行って、車を車検検査場に持ち込んで、保安基準の検査を受ける方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

copyright©2011~2020 車の維持費を節約する方法 all rights reserved.

「車の維持費を節約する方法」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。