TopPage>航空券の節約>格安航空会社(LCC)を上手に利用して、航空券の節約

格安航空会社(LCC)を上手に利用して、航空券の節約

日本の国内線でも、本格的なLCC:格安航空会社が2社誕生しましたね。
この本格的なLCC(格安航空会社)の誕生で、国内航空路線の航空券の節約の方法がいろいろと選べるようになりそうです。

LCC-格安航空会社

ところで、LCC(格安航空会社)で何?

そうですね、いままでもエアードウなどの割引料金制度のある航空会社がありますよね。

そして、最近では、主要2社(JAL・ANA)も国内航空路線の料金体系に早期割引料金を設けるしていますよね。
航空LCC(格安航空会社)って、今までの割引料金制度のある航空会社とどう違うのでしょうか?


LCC(格安航空会社)は徹底した低価格航空料金

今までの国内の航空会社との違いは、LCC(格安航空会社)は徹底なコスト管理を行うことで、徹底した低価格航空料金を実現している点ですね。

特徴的な低価格のためのコスト見直しの例をご紹介しますね。

預かり手荷物の有料化
今までの国内の航空会社のほとんどは、料金に無料で預けることの出来る手荷物がありましたが、LCC(格安航空会社)では、基本的に機内持ち込み可能サイズの手荷物以外の預かり手荷物は、有料としています。
機内の座席間隔のミニマム化
機内の座席のサイズは、今までの航空会社より狭くするなどして、座席数を増やすことで一人当たりの航空料金を割安にしています。
飲み物などの機内サービスは有料化
これは、既存の航空会社でも一部実施されているコスト見直しですね。
使用機体の同一化
整備効率を上げ整備費用を削減するため、使用する機体は同一のもの使用
事前座席指定不可
航空券の販売システムの費用を削減ためなどのため、事前に座席指定などは出来ないケースがほとんど

電車やバスと同じと考えれば、LCC(格安航空会社)の特徴は別に特別なものではないでしょう

例えば、特急列車に乗車した時を思い浮かべてください。指定席を予約して乗車しても無料の社内サービスはありませんよね。
日本人は飛行機に何か特別の思いがあるので、LCC(格安航空会社)のコスト見直しのための特徴に驚きを感じますが、交通手段として一番大事なのは、安全にかつ正確に移動できる点ですから、その点がクリアされていればいいという考えなのですね。

これからの飛行機を利用する際には、まず第一にLCC(格安航空会社)の料金と予約状況を確認してから航空券を購入することが、航空券の節約の第一歩だと思います。

copyright©2011~2020 はなまる節約生活術 all rights reserved.

「はなまる節約生活術」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。