TopPage>ガソリン代の節約>ガソリンの給油は早朝は、本当にガソリン代の節約になるの?

ガソリンの給油は早朝は、本当にガソリン代の節約になるの?

ガソリンは揮発性の油ですから、気温によってその体積は変化します。

10度の温度差でガソリンの体積は、1.35%変化します。
仮に、赤道直下の35度の場所での1Lを零度以下の冬の北海道に持っていくと0.993Lになる計算ですね。
これだけ聞くと気温が低い早朝にガソリンをいれて方が、気温が低いので体積が小さくなっているので、同じ1Lでも実質多くガソリンを給油できるように感じますね。


実際には損も得もほとんどない

確かにガソリンは、気温で体積が変化しますが、ガソリンスタンドの給油器に付いている計量メーターは、基準が定まっていて気温15度の体積を基準に計算するようになっています。つまり、、気温の低い時は、気温の高い時に比べて若干少ない量で1Lとカウントして給油されているということです。

気温の低い早朝は、エンジンを掛けた時に暖気運転になりますので、日中に走り始めるより若干ガソリンの消費量が多くなります。つまり、わざわざ、気温の低い早朝の時、ガソリンだけを給油しに行くのは、ガソリン代の節約にはあまりならないってことです。結局ガソリンを無駄に消費していることにもなりますね。


copyright©2011~2020 はなまる節約生活術 all rights reserved.

「はなまる節約生活術」の記事や画像等の全てのコンテンツについて無断複写・転載・転用を禁止します。